整骨院ブログ

眠りは〇〇することで良くなります!

さて、問題です。〇〇には何が入るでしょうか~?!?

はい、どうも、院長の赤井です。

 

6月も下旬になると、蒸し蒸しと寝苦しい日も増えてきますね。

皆さんは眠りの質は良いでしょうか??

良い眠りの周期は、浅い眠りで夢を見る身体が寝ている状態の「レム睡眠」と深い眠りで寝返りを打つ脳が寝ている状態の「ノンレム睡眠」を1回1時間半でこれを4~5回繰り返し、目覚めるのが良いと言われています。

しかし、人によってはすぐに目が覚めてしまい眠りが浅い部分が多い人や、寝付きが悪く寝たくても寝られない人もしばしば見られます。

ではなぜ、睡眠障害が起こるのでしょうか??

原因は色々あると思います。が、総じて言えること。それは・・・

「脳の温度が高いこと」

なんです。人が眠りにつくときは脳の温度は下がるのですが、下がらずそのままなので睡眠に支障が出るわけなんですね。

脳の温度が高いということは、交感神経も興奮しているということ。つまりはリラックスできていないんですね。

そこで、〇〇に入るワードがキーになるのです。

答えはこれです!!

そう氷枕(水枕)なんですね!

後頭部を冷やすことで、脳を覆っている脳脊髄液の温度が下がり、脳の温度も下がる事により良い眠りになるということなんです!

家でも簡単にできることですので、睡眠でお困りの方は是非実践してみてくださいね!!

当院ではその他にも家でもできるセルフケアについてもアドバイスしていますので、ご来院された際は1人1人にあったアドバイスを行いますね!

 

それでは今回はこの辺で~(^o^)/

店舗案内